クリスマスローズの育て方で注意

クリスマスローズの育て方で注意するポイントは水やりと風通しでしょう。常緑樹の多年草で、花は毎年咲きますし、緑色の葉は1年中楽しむことができます。日本でも十分生育可能ですし、初めての方でもポイントさえ抑えれば割合簡単に育てることができるでしょう。水やりと風通し、そして土、これがクリスマスローズの育て方でのポイントです。乾燥には強いためそう気を使わなくてもいいのですが、土が乾いたら十分に水をあげて下さい。その土はアルカリ性で有機質に富んだものを選び、直接日光が当たらない風通しのいい場所で育てましょう。クリスマスローズの育て方は、病害虫の被害さえ気をつけてやれば、非常に簡単です。また、増やしてやることも簡単です。株か種で増やすことになりますが、株分けの場合は大きめの株を選び、種ならば市販されていませんので、自宅で採取して、発芽させます。発芽から約3年で開花します。クリスマスローズが日本に渡来したのは明治時代だと言われています。育て方が簡単な事や、地味な色目の花が多いことなどから、日本の庭や部屋にもよく合い、茶室の花としても愛されてきました。冬の庭を彩る姿は、派手さがないだけに貴婦人のような印象すら与えてくれます。


RSS関連リンク
クリスマスローズの育て方
クリスマスローズは寒さに強く育て方は比較的簡単です。また常緑樹の多年草であるため、一度育てると毎年花を楽しむことができますし、緑の葉は1年中観賞することができます。日本の冬にも十分耐えることができますし、水やりにさえ注意をすれば初めて

レーザー脱毛のウワサ話
・エステにいこうか悩んでるなら、まずはアイエピを買って自分でレーザー脱毛したほうがいい。 Last updated 2007.09.17 20:45:19 タグ ... 『クリスマスローズよかったです』 .. 咲いたのはたったの1回。しかもかなり貧弱に、である。(06年3月

クリスマスローズの評判
こんなで、写真を撮影してないのでクリスマスローズが動き出すまで、文章だけの日記になっちゃいます今季も開花し始めたら、写真をたくさんアップしたいと思っていますのでお楽しみに・・・そうそうこの拍手ってなに???... クリスマスローズ行脚 クリスマスローズ行脚が、もう少しで終わる。毎度

クリスマスローズの育て方で注意

クリスマスローズの育て方で注意するポイントは水やりと風通しでしょう。常緑樹の多年草で、花は毎年咲きますし、緑色の葉は1年中楽しむことができます。日本でも十分生育可能ですし、初めての方でもポイントさえ抑えれば割合簡単に育てることができるでしょう。水やりと風通し、そして土、これがクリスマスローズの育て方でのポイントです。乾燥には強いためそう気を使わなくてもいいのですが、土が乾いたら十分に水をあげて下さい。その土はアルカリ性で有機質に富んだものを選び、直接日光が当たらない風通しのいい場所で育てましょう。クリスマスローズはあまり病害虫の被害にはあいません。それも育て方が簡単だと言われている理由の一つです。万一被害にあったら、害虫は駆除できますが、病気の場合は処分して下さい。増やす場合は株分けか種で、と言うことになります。種は市販されていませんので、自宅で種を採取することになります。クリスマスローズは、育て方も簡単で、洋風・和風どちらの庭にもどちらの部屋にもよく合います。これは色目が落ち着いていて、どちらかと言うと地味なことも原因ですが、それが却って、殺風景な冬の庭では気品のある気高い姿のようにも見られます。冬の庭の貴婦人、と言ったところでしょう。


RSS関連リンク
のびろ?のびろ?☆
ツリーとなる木を新しく植えたいとか。それならミモザかオリーブがいいかな?とか。久しぶりにターシャの本が見たくなったり。クリスマスローズってどうか?とか、 球根を植えるなら、どうやって色のバランスを作ろうか?とか いろいろ考えてると楽しみな気持ちやら

クリスマスローズ(失敗?)
発芽から半年以上経って、いまだに目立った生長をしないクリスマスローズ。2006.5.7 タネ採取 とり蒔き 2007.1.15 発芽 2007.3.25 双葉育つ 2007.4.6 本葉出る 2007.4.20 植え替え 本来、この後本葉が何枚か出るはずでしたが変化なし。カップヌードルの容器が悪かっ

クリスマスローズについて調べてみた
クリスマスローズの最新記事情報。クリスマスローズに関する探し物なら、ここで見つかる。クリスマスローズの救命 クリスマスローズ8月中旬頃からクリスマスローズの葉が茶色に焼けてきてしまいました。ピンクダブルの株ですが、ハウスの隅、最も風通しの悪い位置に置かれ、クリスマスローズにとっては
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。