クリスマスローズは寒さに強く育

クリスマスローズは寒さに強く育て方は比較的簡単です。また常緑樹の多年草であるため、一度育てると毎年花を楽しむことができますし、緑の葉は1年中観賞することができます。日本の冬にも十分耐えることができますし、水やりにさえ注意をすれば初めてでも簡単に育てることができます。クリスマスローズは乾燥にも強く、育て方としては簡単です。水をやりすぎないことと、直射日光を避けてやること、アルカリ性の土で育ててやる事がポイントです。日光に当ててやりたい気もしますが、避けましょう。また土は、肥料や腐葉土で調節をしてやるといいでしょう。クリスマスローズの育て方は簡単だと述べてきましたが、まれに病害虫の被害にあうことがあります。害虫は薬や、水やりで防ぐことができますが、病気になったら処分するしかありません。また株分けもそんなに難しくはないのですが、種は市販されていないので、自宅で取って発芽させ、3年程で開花となります。クリスマスローズは、育て方も簡単で、洋風・和風どちらの庭にもどちらの部屋にもよく合います。これは色目が落ち着いていて、どちらかと言うと地味なことも原因ですが、それが却って、殺風景な冬の庭では気品のある気高い姿のようにも見られます。冬の庭の貴婦人、と言ったところでしょう。


RSS関連リンク
クリスマスローズの苗ページ
理由は、クリスマスローズのハイブリット、あるいはニゲルなどの原種を含めて系統などにより成長段階にかなりの幅があり、一概に苗はこのような状態で「クリスマスローズは成長します」と言えないことがその理由です。またあまりのも多くの写真を掲載し ...

クリスマスローズ行脚
クリスマスローズ行脚が、もう少しで終わる。 毎度のこと、この梅雨の季節は生産者や園芸の専門店を回ることにしている。 簡単に言うと市場調査。 話を聞く側に回る。 自分自身を振り返ることもでき、また反省も出来る。 自分が自分がとなるとどこかの国 ...

クリスマスローズは桜の木の下に植える
クリスマスローズ 彼の家の庭の桜の木の下にクリスマスローズが咲いています。 これは彼の奥様が、生前「クリスマスローズは桜の木の下に植えなくてはね」と言いながら植えられたものです。でもその時はその意味がわかりませんでした。 ...

クリスマスローズの育て方は簡単

クリスマスローズの育て方は簡単であると言われています。その理由は、何と言っても寒さに強いということに尽きるでしょう。水やりと風通しに注意をしなければなりませんが、それさえ気をつければ初めての方でも簡単に冬場の花と年間を通しての緑の葉を楽しむことができます。クリスマスローズの育て方は簡単ですが、いくつか注意しなければならないことがあります。まず水やりですが、乾燥には強いため乾いたらたっぷりと水を与えるようにして下さい。直射日光は嫌いますが、明るく風通しがいい場所を選んで有機質に富んだアルカリ性の土で育てるようにしましょう。クリスマスローズの育て方は、病害虫の被害さえ気をつけてやれば、非常に簡単です。また、増やしてやることも簡単です。株か種で増やすことになりますが、株分けの場合は大きめの株を選び、種ならば市販されていませんので、自宅で採取して、発芽させます。発芽から約3年で開花します。クリスマスローズが日本でも愛されているのは、ただ育て方が簡単だからと言うだけではありません。殺風景な冬の庭を彩る花で、白や落ち着いた赤紫など地味な花色が多いのですが、逆にその地味さが外国だけでなく和風の庭や和室にもよく合い、明治時代から、茶室の花などとしても飾られているのです。


RSS関連リンク
ローズステークスの話題なら・・・061223中山9rクリスマスローズ ...
061223中山9rクリスマスローズステークスopアドマイヤホクト. 061223中山9rクリスマスローズステークスopアドマイヤホクト. 芝1200...horse racing 重賞中央競馬. ローズステークスについて その他の注目ニュースなワード神村学園部長ライフ最終回デスト ...

日本クリスマスローズ協会 創立10周年記念特別講演会
6月は英国アシューウッドナーセリーのジョン社長の講演会、そして秋も深まる10月にはクリスマスローズファーンには最もなじみの深いヘレンバラードさんから多くの株を譲り受け、彼女の作った花を豪華本「Hellenbarade」と名をうって写真集を著した ...

クリスマスローズ
クリスマスローズキンポウゲ科の宿根草花期 12月から翌年3月適地 半日陰出回り期 秋から春 植え付けは9月(寒冷地は春)なので今が植え時です。 写真は色別のセットになっています。 クリスマスローズで一番困るのが、苗の状態だと花色がわからない ...
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。