クリスマスローズの育て方で注意

クリスマスローズの育て方で注意するポイントは水やりと風通しでしょう。常緑樹の多年草で、花は毎年咲きますし、緑色の葉は1年中楽しむことができます。日本でも十分生育可能ですし、初めての方でもポイントさえ抑えれば割合簡単に育てることができるでしょう。水やりと風通し、そして土、これがクリスマスローズの育て方でのポイントです。乾燥には強いためそう気を使わなくてもいいのですが、土が乾いたら十分に水をあげて下さい。その土はアルカリ性で有機質に富んだものを選び、直接日光が当たらない風通しのいい場所で育てましょう。クリスマスローズは育て方は簡単です。それは間違いないのですが、病害虫には気をつけて下さい。あまり被害を心配する必要はないのですが、害虫はともかく、病気になったら処分するしかないからです。増やす時には大きめの株を分けるか、自宅の花から種を採取することになります。クリスマスローズは育て方が簡単で、日本にも多くの愛好家がいます。花の色目も地味で落ち着いた感じのものが多いのですが、逆にそれが、冬の庭では気高い貴婦人のようにすら感じられます。また、和風の庭や和室の雰囲気ともよくマッチし、特に茶室用の花として飾られることも多いようです。


RSS関連リンク
シルクフラワー・クリスマスローズアレンジ【SA−06】
商品名クリスマスローズアレンジ品番SA?06寸法幅約45×高さ約60(cm)価格¥14,900(税込み)送料送料別商品説明◎エレガントなローズクリスマスローズがお洒落なモダンアレンジメントです。◎花は全てシルクフラワーです。 ...

クリスマスローズは寒さに強く育

クリスマスローズは寒さに強く育て方は比較的簡単です。また常緑樹の多年草であるため、一度育てると毎年花を楽しむことができますし、緑の葉は1年中観賞することができます。日本の冬にも十分耐えることができますし、水やりにさえ注意をすれば初めてでも簡単に育てることができます。クリスマスローズの育て方で重要な事として、水やりがあります。乾燥には強いので、乾いたらたっぷりと水をまくようにしましょう。風通しがよく、直射日光を避けた、比較的明るい場所を好みます。また、有機質に富んだアルカリ性の土壌を好むため、腐葉土や肥料で調節してやりましょう。クリスマスローズは育て方は簡単です。それは間違いないのですが、病害虫には気をつけて下さい。あまり被害を心配する必要はないのですが、害虫はともかく、病気になったら処分するしかないからです。増やす時には大きめの株を分けるか、自宅の花から種を採取することになります。クリスマスローズが日本でも愛されているのは、ただ育て方が簡単だからと言うだけではありません。殺風景な冬の庭を彩る花で、白や落ち着いた赤紫など地味な花色が多いのですが、逆にその地味さが外国だけでなく和風の庭や和室にもよく合い、明治時代から、茶室の花などとしても飾られているのです。


RSS関連リンク
クリスマスローズの理屈と技術
考えられることは、早く花を咲かせてみたいとのことだろうが、特別な高等テクニックを使えば発芽から一年で、ある程度クリスマスローズの花を咲かせることは出来るが、種子の温度処理だけをして早く発芽させてもそれは無理。 ...

日本クリスマスローズ協会の公式ホームページのニュース
春から日本クリスマスローズ協会設立10周年を記念しての行事が続いていますが、この秋に予定されている「クリスマスローズの夕べ」と日を前後して、日本クリスマスローズ協会の公式ホームページがオープンされることになっています。 ...

クリスマスローズの救命
クリスマスローズ 8月中旬頃からクリスマスローズの葉が茶色に焼けてきてしまいました。 ピンクダブルの株ですが、ハウスの隅、最も風通しの悪い位置に置かれ、クリスマスローズにとっては最悪の環境で、さらに熱帯並みの暑さ。 ...
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。